HIDABITO.jp

静寂の中に
生命のぬくもり
山々に囲まれた伝説の湯

HIDABITO 002
平湯民俗館
若月 加代子さん

何もないでいいんです。

かちん、かちん、かちん。

平湯民俗館・食事処の縁側でくつろいでいると、朴葉、ナンテン、トチなどが茂った木立のそこかしこから、高い音が聞こえてくる。

「ほら、今のがトチの実の落ちる音」

ここで働く若月加代子さんがそう教えてくれた。

トチの実が降る木立の向こうに備え付けられた温泉、「平湯の湯」の掃除から戻ってきたところだった。

IMG_4083

平湯の湯とそこに併設された平湯民俗館は、平湯温泉と総称される温泉地の一角、国道158号線添いにある。奥飛騨でもっとも古い歴史を持つ温泉地とされ、江戸時代にはすでに湯治場として人気を集めていた場所だ。平湯発見の由来としては、武田信玄に仕えていた山県昌景の軍が峠越えのさなか、老いた白猿の導きで平湯にたどり着き疲れを癒したという「白猿伝説」が知られる。

民俗館として使われているのは、赴き深い茅葺き屋根の民家二棟。江戸時代中期に建てられた入母屋造りの農家が資料館、合掌造の民家が食事処だ。従業員は若月さんともう一人だけで、基本的にどちらか一人だけで切り盛りしている。

「ここで働き始めて三年になります。一人で全部回さなきゃいけないから大変だけど、ここに来る人は皆せわしくないからなんとかなるんですよね。私がバタバタしちゃっていても、『大丈夫、温泉に入ってあったまってるからゆっくり準備して〜』と言ってくださったり」平湯の湯は、昨今少なくなってきた“寸志”で入れる温泉だ。女湯・男湯と分かれた脱衣小屋の手前に、寸志入れの木箱がひっそりと立つ。湯は鉄分を多く含んでいるため茶色く、甘めの香りがする。

「うちは平湯の中でも熱めの方ですね。とにかくあったまりますよ。胃腸病とかリウマチにいいそうです。泉質は炭酸水素塩泉。この間来てくださった男性のお客様は、お湯だけじゃなくて、浴槽周りの植木とかの配置とか、全部『素晴らしい!』って褒めてくれたけど、そんなにいいのかな」

働いていて一番嬉しくなる瞬間は? と訪ねると、お客さんの「あったまる」「また来ます」という言葉が聞けたとき、とのシンプルな返事。

「道の掃除なんかしているときに、お湯の方から『きもちいい〜!』なんて声が聞こえると本当に嬉しいですよね。ありがたいなって思います」

平湯の湯を含む平湯温泉は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる乗鞍岳の麓に位置する。標高は1250mあり、年間を通して気温は低い。冬は雪深く、夏には冷涼な風が吹く。寒暖差の大きい秋は、温泉に浸かるのにも、木立に囲まれた古民家に休憩しに来るのにもうってつけの季節だ。 「春はやっぱり新緑が綺麗ですよね。あとね、春はワタの木の綿が、まるで雪のように舞うんですよ。夏は一番いい季節じゃないかな。この辺は本当に涼しくてねえ。来たお客さんは皆、『これ、冷房じゃないんですか!?』って驚かれます」