HIDABITO.jp

木と共に生きる
現代の名工が
滝の流れる原生林を歩く

HIDABITO 001
飛騨産業
板屋 敏夫さん

大きい木ほど、そのまま残しておきたい。

十三ある滝の源に向かって進んでいくと、ひんやりとした空気が身体を包み込む。滝のあげる水煙と、その周りに立ち並ぶ大樹の呼吸の両方が、辺りをしっとりと潤ませているのだ。

高山市国府町にある宇津江四十八滝。県内屈指の美しい渓谷を寄り沿う滝群の総称である。無数にある滝筋のうち、名前を持つ滝が全部で十三。起点となる魚返滝から頂上にある上平滝までは、のんびり歩いても一時間ほどでたどり着く。

その道程の半分ほどの場所にあるのが、不動明王の祠を脇に従えた上段滝だ。幅広の滝筋は、雪解け水があふれる夏から秋の間は勢いよく飛沫を上げ、冬になればさえざえと凍りつく。流水に撫でられ続けた岩肌は、まるでみがきあげたようになめらかだ。

「この辺りまで来たのは久しぶりです。最後に来たのは多分、二十代のときですよ。麓の温泉には時々来るんだけど……」

滝の前でそう呟くのは、高山市の老舗家具メーカー・飛騨産業株式会社の板屋敏夫氏。平成26年、「現代の名工」(正式名称「卓越した技能者」)として国から表彰も受けた家具職人である。

IMG_2810

飛騨は古代より優れた大工を多数輩出してきた土地で、その彼らは古くから「飛騨の匠」と称えられていた。板屋氏はその飛騨で生まれ育ち、昭和40年、16歳で飛騨産業に入社して以来、試作を行う技術部門一筋で木工に携わり続けている。

「この辺は全部スギ、こっちはカツラですね。将棋盤はよくこれで作るんです」

家具に使用される主な樹種はその木の葉を見れば分かる、と板屋氏は言う。飛騨産業でよく使われるスギも、渓谷周辺には多数見られる。

「小中時代にあった植林の授業を思い出します。一日かけて、スギ、ヒノキ、カラマツなんかを植えました。だからその辺りの木には馴染みがありますよ」

スギは材質がやわらかく、ある程度の強度を必要とする家具作りには不向きとされていた樹種である。しかし、クリプトメリア・ジャポニカ(隠された日本の財産)との学名も持つこの木に着目した飛騨産業は、加熱圧縮で木材の密度を高めるという方法で、この木を使いこなすことに成功した。板屋氏もその技術で、数々の優れた木工家具を世に送り出してきている。

IMG_2724

木でできた家具の魅力とはいったいなんなのだろうか?

「やっぱりあったかみじゃないですかね。使い込めば使い込むほど、愛着がだんだん深まっていく。傷がついてもその傷がまた愛おしくなっていく。それが木の家具の、一番のよさじゃないかなと思うんです」

木だからこそ、傷ついても古びても深まっていく愛着。その愛着によって、木工家具は親から子へ、またその子へと引き継がれていく。

海外メーカーの家具も数多く見てきた板屋氏は、こうした日本の木工家具の特徴は、デザインの美しさよりもむしろ品質を追求してきたところにあるのではないか、と推測する。